自ら選んだスピードで、自らの縛りを自らが解いてゆく

 

わたくしたちはきっとこの時代を強く望んで生まれて来た?という前提でお話したいと思います。この世界が新しい豊かな時代を迎えるのをずっとずっと待っていたと感じておられる方は多いかもしれませんネ

 

特に瞑想の実践者として生きておられるなら、一見この世界がすっかり停滞しているように見えていたとしても、実際には水面下で激しく動いていてもうすでに次の段階へ進んでいることに「氣づいて」いる方もきっと多いでしょう。

 

かつてない大きな変化ですから、勇気を持って公の場で語るのはなかなかに憚れるという方も心配はご無用です。人生のすべての答えは自分の中に。今はとにかく罪悪感を持ったり自己否定をしないことです。

 

わたくしたちは自分の選んだスピードで進化してゆきます。粛々と自らの変容を進めるのみです。誰かに何かをさりげなく提示はできてもこうすべきだと強制することはできません。それは愛する家族や仲間であろうと。

 

それらを踏まえた上で、今の時期に大切だと思われることを改めて3つ程お伝えしておきたいと思いました。グラウンディングをより確かに 自分軸を整え ポジティヴな方向を明確に意図する、という基本です。

 

 グラウンディングで大地とまずしっかりつながり感謝とともに大地からのエネルギーを受け取っておくこと。これが土台となって大空からのエネルギーも安定して受け取れるようになるので、つながっている「つもり」にならないのが大切ですヨ

 

 大地と大空と両方から受け取るなら自分を介して大地と大空がつながり、さらにクリアリングされ浄まるのが感じられるようになるでしょう。と、結果的に自分軸(背骨=聖なる神殿のような捉え方)がより美しく立ち上がります。

 

 これらのエネルギー循環でさらにもっともっと軽やかになるなら、無意識的に防衛反応からネガティヴな方向へと振り回される状況はもはや少なくなり、意識的にポジティヴな方向へとより簡単に切り替わるようにもなるでしょう。

 

②の「自分軸が分かりにくい」とよく質問されますが「前提として人類の長い歴史を鑑みれば今の日本の常識など明治以降たかだか150年程に過ぎないので少し引いたところから大きな視点で捉え直すとラクです(笑)」と答えています。

 

たとえば自己犠牲など美徳としないような「自分のモノサシ」ができたなら、周りの常識に惑わされず自分の喜びや幸せにつながりやすくなってゆくので、自分をより好きで信頼できるようにもなってゆきます。

 

自分をジャッジしなくなれば、誰かが自分を否定しようと、どんな問題が起ころうと、たとえ自分がミスをした時においてさえも、瞬間的に反省はあってもそこにはもう自己否定(エネルギーをぐっと下げる)がないので罪悪感を持たないで済みます。

 

ですから今は、誰かの小さな常識なんかで自分をきゅきゅっと縛らないで欲しいナとぜひお伝えしておきたいのです。「自ら選んだスピードで、自らの縛りを自らが解いてゆく」そんな時がもう来ているのですから。

 

ご自身のペースで変容は進んでいますか?

春分の日に、奈良の地よりお祈りします。

 

Om - ma - ni - pad - me - hum

蓮の如く清浄ならんことを

SONO 🌿

 

(Mar. 20, 2021)

 

🔸

瞑想会もどうぞ

 

6/30(水)19:00-20:30

7/14(水)19:00-20:30

7/30(金)19:00-20:30

 

https://sono3.jimdofree.com/コンタクト/

 

(写真は若草山麓の鹿ちゃん)

................

................


自分にとっての真実を選択するためにも「自分軸」をしなやかに

 

世界は新しく豊かな時代に向かっていますが、今しばらくは真実とフェイクがより交錯するカオスな情報の中に在るとふまえておくことがのぞまれます。自分にとっての真実をより自由に選択するためにも「自分軸」をぜひしなやかに整え備えておきたいものです。

 

こうしている間も忙しくされている方は多いのかもしれませんが、どうか自分自身をチューニングする時間を保っておかれますよう。今わたくしたちに求められているのは「いかなる判断や否定的な自己評価をすることなく存在しておく」ことなのかもしれません。

 

最も大きな仕事は「自分自身を受け容れる」ことです。親が、子どもが、仕事が、と理由をつけて忙しいままにいる自分への許可証を破棄する必要があります。忙しいのは理由にはなりません。お風呂でも寝る前のわずかな時間でも活用できるのではないでしょうか。。。

 

ストレスフルなコロナ禍では「注意のコントロール力」は低下しがちです。苦しいと思い込んだ方は限界を感じやすいかもしれませんが、もし意識的に自分の意識が今この瞬間どこに向いているかに氣づけば、つい否定的になっていた自動操縦状態から脱出できます。

 

自己受容は不可欠です。これまで受けたトラウマが否定的な信念のため奥深くに埋められ隠され目覚めを妨げられていたとしても、無意識にネガティヴな思考パターンへフォーカスする代わりに、意識的にポジティヴな方へ注意を向けるなら状況はきっと好転します。

 

すべての答えはわたくしたちの中にあります。必要な情報はすべて入っているのです。だからこそ自分とつながることが目覚めのプロセスを見つける鍵なのです。自分を傷つけた誰かをゆるし同時に自分をゆるし長い間抱いてきた後悔や怒りや罪悪感ももう放ちます。

 

これらの重荷を解放することによって、わたくしたちの心はあらがわず軽やかになってゆきます。内なる平和、自己受容、そして慈愛に満ちハートオープンとなり、結果として喜びもどんなに苦しいトラウマだったこともすべては素晴らしい経験だったと知るのです。

 

SONO 🌿

 

(写真は日暮れの若草山の鹿ちゃん)

................

................

 

色即是空:自分の眼で見極める自由を尊ぶ

新しい豊かな時代を迎える直前

世界が激しくカオスの今しばらくの間は

いかほどに「色即是空」か日々体験することに😆

 

一方的なメディアや周りの意見に流されることなく

自分の眼を見開きしっかり観察して自己判断をする

その重要性への理解と覚悟が大切な時かもしれません

 

良いとか悪いとかの批評や批判ではなく

すべては自己のものさしでという「究極の自由」が

今この瞬間~次へと向かう人生の在りようといえます

 

それは自己トレーニングのようなものです

自分の頭で考え自分の意識ですべてを見極める

その時すべての流れは未来へと繋がってゆくはず

 

不安もあるかもしれませんが

覚悟を持って自分を信じられた時には

人智を超えた大いなる力ももたらされるでしょう

 

せめてそろそろ自分を赦し

不安や否定や後悔や罪悪感など

ぎゅっと握り締めたネガティヴの一切を放してください

 

あらがうことなく

粛々と瞑想を深めることで軽やかに

真の自分自身へ到達されますようお祈りします

 

さて冬至を迎えいよいよ風の時代

素晴らしい瞑想タイムと思われます

グラウンディングとともに自分の内側へー

 

SONO 🌿

 

(12/27追記) 

 

 

 

(写真は正倉院展で会った小鹿ちゃん🦌)

...............


色即是空:この世は幻=すべては見かけ通りではない

このところ「こんな時代どうすれば明るく過ごせるか?」とご質問いただくことがあります。まずは日々ぜひ瞑想なさることをお勧めいたしますが、色即是空:仏教でこの世は幻であるといわれる通り「すべては見かけ通りではない」つまり「見えるものがすべてではない」ということを含めお話しておきます。

 

世の中は一見まだまだ緊張したコロナ禍にあるように見えます。ですがもうそろそろ次なるフェーズへ移行してゆくといわれており、メディアが伝えないニュースを簡単に得られる今の時代を嬉しく感じます。3.11の際 メディアが真実を伝えるわけではないと実感してから信用できる情報は自分で集めるようにして来ています。

 

そして長く生きて参りましたわたくしですが()、実は今の時代ほど生きていられて嬉しいと感じるタイミングはないくらいです。もちろん明日死んだとしても悔いは残りませんが、わたくしたちの新しく豊かな時代の始まりを、今はもっともっとリラックスして出来るだけ軽やかに過ごすのがお薦めだと申し上げたい氣もちです。

 

もっとも今しばらくはさらに世界が混乱し激しく動くと思われ、フェイクニュースとして淘汰される真実も多いでしょうが、瞑想を実践する者として、わたくしたちは変化を恐れず、常に精神的なたおやかさ=柔の心とともに自分軸を持っておくことが、いかなる時であろうと平常心で過ごすための大きな助けとなってゆくでしょう。

 

どうか軽やかでいられるよう、忙しい方は5分でも10分でも行動を緩やかに保ってください。特に今の時代を生きるのがとても困難だと思い込んでしまっている方は、ぜひ意識的に1日の中で句読点にあたる時間を持って、自身の平安な場所に波長を合わせられるよう自分にとって最も素晴らしい世界を可能な限り想像してください。

 

心の中に潜り込んで観察すること。自分や誰かをジャッジすることなく自分への縛りを解かなければなりません。不安や心配ごと、自分への批判や疑いや落胆、罪悪感などがもし一片でも残っているなら、ただ静かに坐り、深呼吸して、自らを綺麗に浄化すること。自分軸がブレないようグラウンディングに努めることも忘れずに。

 

ぜひ瞑想タイムを持ってください。坐ることが難しい場合は、意識的に外へ出てあるいは窓を開けて風を感じるだけでも良いのです。太陽の光をいただくだけでも良いのです。近くに海や川や野原があるなら裸足で歩けばより素敵です。今はとにかく出来る範囲でリラックスしておきたいタイミングなのです。

 

新鮮な空氣を思い切り吸い込んで感覚を研ぎ澄ませ、大地と大空を感じたら内なる自分につながってください。自分自身との対話を怠らないことが、これからより重要になって来ると思います。今しばし世界の混乱が続こうと、余計な心配をすることなく明日は明日の風が吹く境地でいればそれだけで明るいエネルギーが満ちましょう。

 

Om - ma - ni - pad - me - hum

どうか蓮の如く清浄ならんことを

 

SONO 🌿

 

(追記:Dec.27, 2020)

 

...............

...............

 

 

瞑想を実践中の方へのメッセージ

 

今の時代は

コロナ禍での変化を諸行無常と受け容れ

自分の選択した環境の中で

できるだけ「愉しい創造力」をもって

自分で自分をもてなすように明るく

「やさしく寄り添う氣持ち」が大切です。

 

もし氣が滅入ってしまって

ポジティヴな方向を手探り中の方には、

緊張した暗い世界へと変化したかのようにも

思える状況を「捉え直す」という方策が

お勧めのひとつといえます。

 

コロナでもたらされた

どんなにネガティヴなエネルギーでも、

ポジティヴなエネルギーへと

シフトしてゆくことの出来る力が、

わたくしたちには与えられているのですから。

 

🔷

 

瞑想を実践する者としては、

コアの自分と繋がる術を

多少なりとも心得ており、

特に恵まれていると言っても

過言ではありませんので、

今のこの変化においてもどうか

大きな視点からの観察」をお忘れなく。

 

世界は一見

あたかも隔離分断されたかのようですが、

ただその見方を変えると、

まるで瞑想時のように

内側の世界へと入りやすい状態でもあると

捉えられなくもありません。

 

たとえば

ヒマラヤの山奥の洞窟で

瞑想するのと同じような状態が、

旅費も滞在費も不要なまま

自宅のエアコン生活とともに

目の前にポンとセットされているくらいに

捉えられるなら愉快です。

 

さらに手洗いやうがいや消毒などは、

瞑想前の「精神的な浄化のルーティン」として

滝に入ったり神社の手水舎の役割の延長のような

儀式として受け容れてみてはいかがでしょう。

 

あるいはマスクも、

静寂や心の平安へ至る瞑想のプロセスにおいて

瞑想前の準備段階から身につける

「瞑想アイテムのひとつ」くらいに

受け容れられなくもないかも?しれません。

 

🔷

 

ものは考えようです。

変化を恐れることなく」目の前の世界を

どう捉えるかがもとめられます。

自然の流れにあらがわず

あるがままに受け容れられるなら、

意外と簡単に明るい氣持ちに切り替わるものです。

 

「色即是空」

この世は幻であるなら、

ぜひご自身の創造力でこの世を満たし、

より軽やかにより健やかに日々過ごして参りましょう。

グラウンディングを学んでいる方は

ぜひ常々くり返されますよう。

 

Om - ma - ni - pad - me - hum

どうか蓮の如く清浄ならんことを

 

SONO 🙏

 

...................

...................

 

 

🔸 SONO主宰の瞑想会 @音 近鉄奈良駅すぐ

 

   コンタクトよりお気軽にご連絡ください

 

 

 🔴 6/30(水)19:00-20:30

 🔴 7/14(水)19:00-20:30

 🔴 7/30(金)19:00-20:30

  

....................

....................

 


SONOの瞑想会

(東京での瞑想会の様子)

(奈良での瞑想会の様子)

 

マインドフルネスは、今この瞬間、意図的に、ジャッジを挟まず注意を向けて、自分の身体、感情、思考や、この世界に起こっている現実に「氣づく」ことです。

 

現代人は忙し過ぎて、つい無自覚のうちに行動してしまうだけでなく、イヤな出来事で気分が低下して流されれば、自分を見失いネガティヴな思考パターンを繰り返すこともあります。

 

そんな時のわたくしたちは、過去に振り回されたり、先の心配をしたりと、本当に大切な「今ここからは切り離されてしまっており、頭でっかちの思考でハートを閉ざした状態なのです。

 

マインドフルネス・スロー・セラピーでは、否定せず回避せずありのまま、穏やかな関心や好奇心をもって、ネガティヴな思考を芽のうちに摘み取れるような「氣づき」を目指します。

 

瞑想会では、禅よりは動き、ヨーガほどは動かず、そして坐りますので、まずはホッと一息つく時間の過ごし方や、ストレス軽減法としておすすめです。

 

お疲れ気味のあなたも、頑張り過ぎのあなたも、お家でできる呼吸法や軽めのストレッチなど、ひととき自分と向き合う時間を作りませんか?

 

清澄な波動に光溢れる祈りの古都・奈良ならではのゆったりのんびりな瞑想会へお気軽にどうぞ〜。

 


 

 

S O N O

心理カウンセラー&セラピスト


瞑想で得た智慧を

生活の中へ活かす

 

現代の社会生活の中で、わたくしたちは頭でっかちな自分「自我」に振り回されてしまい、誰かと比べては自信をなくしたり、嫉妬したり、ストレスを感じたり、忙しい毎日です。

 

そんな中、心理学者ユングは無意識をも含む「自己」こそがわたくしたちの人生の目標だと言っています。

 

どんなに忙しい毎日でも、しばしの間だけは目を閉じて、今この瞬間、自分の内なる声に耳を澄ませてみませんか?人生のすべての答えは内側に。

 

自らの「呼吸」に導かれ「ボディスキャン」を繰り返し、スローな動きの中で起こる変化を微細に観察してゆきます。

 

ネガティヴな思考パターンを、芽のうちに摘み取れるよう、注意力を高め、「気づき」が促されるよう、

思考を超えた洞察を深めましょう。

 

結局は、今ここにどう在るか、という、人間の本質的な「在りよう」が問われているのです。

 

瞑想は本当の自分を

体験すること

 

心の調和が深まれば、皮膚の内側だけではない自分、人の評価に惑わされない本当の自分「自己」を理解します。 

 

自分だとずっと思い込んでいたのは誰かの信念や価値観で生きていた、幻の小さな自分「自我」でした。

 

欠乏感の中で望みを引き寄せて幸せになる"do"の人生ではなく、理想を言えば、何もないところからでも

ポジティヴでいられるような在り方"be"を目指したいところです。

 

マインドを呼吸で満たせば、

結果的に「エゴ」の居場所がなくなり、マインドはクリアになります。

 

過去の苦しみや悲しみや未来への「恐れ」にも向かい合い、ジャッジすることなく、慈愛を通して受け入れ、そして手放しましょう。

  

自分という存在のコアに在るよう、変容のプロセスへ至れば、

「本当自分」からのガイダンスを受け取りやすくなるのです。 

アメリカの精神医療の

セラピーとしての瞑想

 

マインドフルネス認知療法は、

3世代心理療法です。

 

ビジネスマンが成功するための

脳の筋トレ法」としての側面も定着しましたが、

本来は「アウェアネス」を養うことに重点が置かれます。

 

あなたが何を「恐れていて、なぜ

そんな感情になるのか、まずは

低次の自分に「気づく」ところから修習しましょう。

 

ゆったりとした瞑想の中では、

のんびりとした心理療法のアプローチを迎えてゆきますので、ごく自然に「自分で自分を癒す」プロセスへ至ります。

 

うつ傾向の方、ストレスを低減したい方、ネガティヴなパターンを繰り返す方、社会復帰に備えたい方や復帰後間もない方ぜひ一度お気軽に参加なさってください。

 

心に溜まっていたストレスも、

身体に溜まっていた疲れも、奥深いところに眠っていた毒素も、どうか浄化されますよう。